LDLコレステロールが高かったあなたへ

健康診断で、LDLコレステロールの値が高いと指摘された方はいませんか?
「数値改善の必要があるかわからない」「診察を受けるべきなの?」と
悩んでいる方もいるかもしれません。


コレステロールの値が高い状態を無視してそのままの生活を続けると
動脈硬化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの深刻な病気を引き起こす可能性があります。

LDLコレステロール値を指摘された方は、手遅れになる前に生活改善や治療をスタートしましょう。

山元副院長写真

監修
やまもと内科・外科クリニック 山元副院長

血糖値コンシェルジュシンボルマーク

脂質異常症とは

About dyslipidemia

脂質異常症とは、LDLコレステロール値が基準よりも高い場合や、HDLコレステロール値が基準よりも低い場合などの、血中コレステロールや血中中性脂肪などの値が異常な状態のことをいいます。
日本動脈硬化学会が定める、脂質異常症の判断基準は右記の表の通りです。

  • 高LDLコレステロール血症

    140mg/dL以上

  • 境界域高LDLコレステロール血症

    120〜139mg/dL

  • 高トリグリセライド(中性脂肪)血症

    150mg/dL以上(空腹時採血)
    175mg/dL以上(随時採血)

  • 低LDLコレステロール血症

    40mg/dL未満

  • 高non-HDLコレステロール血症

    170mg/dL以上

  • 境界域高non-HDLコレステロール血症

    150〜169mg/dL

参照:日本動脈硬化性疾患予防ガイドライン2022年版

コレステロール値が異常でも、病気を発症するまでは自覚症状がない人がほとんどです。しかし、気が付かないうちに動脈硬化が進み、病気を引き起こす可能性が高くなります。
病気を発症する前に、コレステロール値をコントロールしましょう。

コレステロールを説明するイラスト
血糖値コンシェルジュシンボルマーク

LDLコレステロールとは

About LDL-cholesterol

血液検査イラスト

LDLコレステロールは血液中のコレステロールの一つで、肝臓から体内の各臓器へコレステロールを運ぶ働きをしており、増えすぎると動脈硬化の原因になります。
LDLコレステロールの数値が高いと血管壁に滲み出て溜まり、血管の内側が狭く固くなり、血液が流れにくくなります。この状態を動脈硬化といいます。

血液検査イラスト

コレステロール値が高くなる主な原因の一つが生活習慣の乱れで、主に肥満、運動不足、ストレスや疲労、睡眠不足、生活リズムの乱れ、食べ過ぎ、偏食、脂肪・糖分の取りすぎ、お酒の飲みすぎなどが挙げられます。

数値が過剰となっても、自覚症状のないことが多く放置しがちですが、数値が悪いまま放っておくと動脈硬化が進行します。

血糖値コンシェルジュシンボルマーク

動脈硬化

Dyslipidemia

動脈硬化が進むと、血管の内側がさらに狭く硬くなり、脳や心臓の血流が悪くなります。原因の一つが、高LDLコレステロール血症です。

脳や心臓の血流が悪くなると、血管の壁が破れて血栓ができ、血管がつまったりします。すると、脳梗塞、狭心症、心筋梗塞のような病気を発症する危険性が高くなります。どれも命にかかわる重大な病気のため、高LDLコレステロール血症を指摘された場合はすぐに治療を始めるのが得策です。

介護中の写真

高LDLコレステロールを放置してしまった方の症例

実際の患者例として、高LDLコレステロールを放置してしまった方の症例をご紹介します。

説明テーブルpc

長年にわたって高LDLコレステロールを放置していたところ、急性冠症候群(冠動脈の血管の壁に蓄積した粥腫(プラーク)の破綻とそれに伴う血栓形成により冠動脈が狭窄・閉塞してしまい、心筋が虚血、壊死に陥る状態)を発症しました。
症状は胸痛や息切れで、救急車で緊急入院となりました。
検査の結果、冠動脈に複数のプラークが形成され、一部は狭窄していることが確認されたため、緊急手術を受けることとなりました。
幸い、術後の経過は良好で、投薬治療とライフスタイル改善によってLDLコレステロール値は正常範囲に下がり、再発を防ぐための治療を継続中です。

説明テーブルsp

長年にわたって高LDLコレステロールを放置していたところ、急性冠症候群(冠動脈の血管の壁に蓄積した粥腫(プラーク)の破綻とそれに伴う血栓形成により冠動脈が狭窄・閉塞してしまい、心筋が虚血、壊死に陥る状態)を発症しました。
症状は胸痛や息切れで、救急車で緊急入院となりました。
検査の結果、冠動脈に複数のプラークが形成され、一部は狭窄していることが確認されたため、緊急手術を受けることとなりました。
幸い、術後の経過は良好で、投薬治療とライフスタイル改善によってLDLコレステロール値は正常範囲に下がり、再発を防ぐための治療を継続中です。

このように高LDLコレステロールを放置すると、冠動脈疾患や心筋梗塞、脳卒中などの重篤な疾患を発症する可能性があります。
適切な治療やライフスタイル改善を行うことで、これらの疾患を予防し、健康な生活を維持することが重要です。

まずは病院へ!

何科にかかったらよい?どんな治療をするの?

LDLコレステロール値のみが高く、何科にかかるのが良いか迷うという場合には、一般内科を受診しましょう。
高血糖も気になる方は糖尿病内科、高血圧も気になる方は循環器内科で併せてみてもらうと良いでしょう。

脂質異常症の治療方法

脂質異常症の治療は、食事療法と運動療法からスタートします。治療を開始しても数値が下がらない場合は、薬による治療を検討されます。病状によっては、早い時期からお薬による治療を始める場合もあります。

和食の写真

脂質異常症の治療期間

脂質異常症は、長期間にわたり治療を続けることが大切です。薬でLDLコレステロールの値が下がっても、完治したわけではないため、治療を勝手にストップすると再度数値が上昇し、動脈硬化のリスクは再び高まります。

和食の写真

生活習慣の改善とともに定期的な受診や検査を続け、
数値をコントロールできるように一緒にがんばりましょう。