World Diabetes Day

世界糖尿病デー

世界糖尿病デー

11月14日は、
インスリンを発見したカナダのバンティング博士の誕生日です。
糖尿病治療に画期的な発見に敬意を表し、
この日が糖尿病デーとなりました。

世界糖尿病デー - World Diabetes Day -

世界160カ国から10億人以上が参加する
世界でも有数な疾患啓発の日となっています。

カナダの医師フレデリック・バンティング

ブルーサークル

世界糖尿病デーのキャンペーンには、青い丸をモチーフにした
「ブルーサークル」が用いられます。

国連やどこまでも続く空を表す「ブルー」と、
団結を表す「輪」をデザインし、”Unite for Diabetes”
(糖尿病との闘いのため団結せよ)というキャッチフレーズとともに、

世界中で糖尿病抑制に向けたキャンペーンを推進しています。

全国各地での ブルーライトアップ

日本でも、世界糖尿病デーには、
全国各地で、青色のライトアップがおこなわれます。

タワー、橋、城など、だれもが知っている建物が
青色にライトアップされますので、
ぜひ皆さんの街でも探してみてください。