< Weekly コラム一覧へ
2023.08.28

機能性表示食品とは?コンビニでも買えるおすすめ食品を紹介

 

日常生活でも耳にすることが多く、スーパーやコンビニの食品コーナーを見ていても目にすることのある「機能性表示食品」。健康維持や促進が期待できる機能性表示食品について、そもそも機能性表示食品とは何かやトクホ・栄養機能食品との違い、コンビニで買えるおすすめの機能性表示食品をご紹介します。

「機能性表示食品」の特徴

スーパーで食品を見ていると目にする機会が多い「機能性表示食品」。CMなどでも耳にすることが増えた機能性表示食品とは、一体どのような食品なのでしょうか。

まずは、機能性表示食品の特徴を確認しましょう。

その食品の機能性に根拠がある

機能性表示食品とは、事業者が食品の安全性や機能性の科学的根拠を示した食品のことです。販売前に科学的根拠を基に、適切に栄養成分を表示すれば事業者が自己責任で表示することができます。

「お腹の調子を整える」「糖分の吸収を抑える」などと表示されていることが多く、表示を目安に目的に適した機能性表示食品を選びましょう。

トクホや栄養機能食品とは違う

機能性表示食品と混同されがちな「トクホ」や「栄養機能食品」ですが、三者は異なる食品です。それぞれの特徴を知り、健康的な食品選びに役立てましょう。

 

まず、トクホ(特定保健用食品)とは関与成分(生理学的機能等に影響のある成分)を含む食品のことです。トクホの表記をするためには、以下の要件を満たして消費者庁長官の許可を得る必要があります。

 

  • 有効性や安全性について、消費者庁の審査を受けること
  • 有効性を証明するために、査読付きの研究雑誌に掲載されること
  • 特定の試験機関で、関与成分の含有量について分析成分を受けること

 

このように、トクホと機能性表示食品には消費者庁の認定が必要か否かや、含まれている成分に違いがあります。

次に、栄養機能食品とは科学的根拠が確認された栄養成分を、一定の基準量含んでいる食品のことです。国に届出をして許可をもらう必要はなく、事業者が責任を持った上で国が指定する表記をしています。

機能性表示食品と栄養機能食品には、含まれている栄養成分が健康維持を目的としているか、不足しがちな栄養素の補給を目的としているかに違いがあります。

コンビニで買える機能性表示食品のドリンク

コンビニでも気軽に機能性表示食品が購入できます。そこでここからは、コンビニで買える機能性表示食品のうち、3大ブランドのおすすめドリンクをご紹介します。

7プレミアム強炭酸水プラス 490ml|セブンイレブン

セブンイレブンのおすすめドリンクは、「7プレミアム強炭酸水プラス 490ml」です。脂肪や糖質の吸収を抑える(イソマルトデキストリン)働きがあり、普段の水分補給や食事のお供に手軽に健康維持や促進が図れます。

天然水仕立てで強炭酸なため、炭酸が好きな方も満足しやすいでしょう。

NL のむヨーグルト 生乳たっぷり 180g|LAWSON

LAWSONのおすすめドリンクは「NL のむヨーグルト 生乳たっぷり 180g」です。生きて腸まで届くビフィズス菌BB-12入りで、お腹の調子を整える効果が期待できます。また、食物繊維(イヌリン)も配合されており、1本で1日分の食物繊維を摂取できます。

まろやかな味わいで、飲むヨーグルトが苦手な方も飲みやすいでしょう。

タンサンエクストラレモン 490ml|Family Mart

Family Martのおすすめドリンクは、「タンサンエクストラレモン 490ml」です。

ウィルキンソンとFamily Martの共同開発で発売された炭酸水のレモンフレーバーで、ウィルキンソンブランドの脂肪の吸収を抑える機能性表示食品です。ウィルキンソンならではの爽快な飲み味で、さまざまなシーンで活躍します。ウィルキンソンブランドですが、実はFamily Mart限定商品です。

 

コンビニで買えるおすすめの機能性表示食品

コンビニでは、上記以外にもさまざまな機能性表示食品が販売されています。そこで最後に、3大ブランドそれぞれのおすすめの機能性表示食品をご紹介します。

LIBERA 香ばしパフ&アーモンド|セブイレブン

セブンイレブンのおすすめは「リベラ 香ばしパフ&アーモンド」です。グリコが販売している、パフとアーモンドが入ったチョコレートで、お菓子感覚でありながら脂肪や糖質の吸収を抑える働きがあります。

チョコレート初の機能性表示食品で、チョコレートのおいしさはそのままに、健康維持及び促進が図れます。

カゴメトマトジュース|LAWSON

LAWSONのおすすめは「カゴメトマトジュース」です。機能性表示食品にこだわって商品を開発しているカゴメが販売しているトマトジュースで、善玉コレステロールを増やし、血圧を下げる効果が期待できます。トマトや野菜が苦手な方も飲みやすい味わいで、カロリーが気になる方は低糖タイプもあります。LAWSON以外でも販売されておりよく見かける商品です。

 

わたしのチカラ®Q10ヨーグルト|Family Mart

Family Martのおすすめは、「わたしのチカラ®Q10ヨーグルト」です。カネカ食品が販売しているヨーグルトで、ストレスの軽減や睡眠の質を向上する効果が期待できます。

ほのかな甘さで食べやすく、朝食やおやつなど気軽に食べられます。仕事や家事など、日々の疲れが溜まっている方におすすめです。

 

まとめ

健康維持や促進が期待できる機能性表示食品。いつでも気軽に買い物に行けるコンビニでも、機能性表示食品が多数販売しています。

バランスの良い食事を心がけながら、コンビニ食で気軽に健康を目指しましょう。

 

日常生活でも耳にすることが多く、スーパーやコンビニの食品コーナーを見ていても目にすることのある「機能性表示食品」。健康維持や促進が期待できる機能性表示食品について、そもそも機能性表示食品とは何かやトクホ・栄養機能食品との違い、コンビニで買えるおすすめの機能性表示食品をご紹介します。

「機能性表示食品」の特徴

スーパーで食品を見ていると目にする機会が多い「機能性表示食品」。CMなどでも耳にすることが増えた機能性表示食品とは、一体どのような食品なのでしょうか。

まずは、機能性表示食品の特徴を確認しましょう。

その食品の機能性に根拠がある

機能性表示食品とは、事業者が食品の安全性や機能性の科学的根拠を示した食品のことです。販売前に科学的根拠を基に、適切に栄養成分を表示すれば事業者が自己責任で表示することができます。

「お腹の調子を整える」「糖分の吸収を抑える」などと表示されていることが多く、表示を目安に目的に適した機能性表示食品を選びましょう。

トクホや栄養機能食品とは違う

機能性表示食品と混同されがちな「トクホ」や「栄養機能食品」ですが、三者は異なる食品です。それぞれの特徴を知り、健康的な食品選びに役立てましょう。

 

まず、トクホ(特定保健用食品)とは関与成分(生理学的機能等に影響のある成分)を含む食品のことです。トクホの表記をするためには、以下の要件を満たして消費者庁長官の許可を得る必要があります。

 

  • 有効性や安全性について、消費者庁の審査を受けること
  • 有効性を証明するために、査読付きの研究雑誌に掲載されること
  • 特定の試験機関で、関与成分の含有量について分析成分を受けること

 

このように、トクホと機能性表示食品には消費者庁の認定が必要か否かや、含まれている成分に違いがあります。

次に、栄養機能食品とは科学的根拠が確認された栄養成分を、一定の基準量含んでいる食品のことです。国に届出をして許可をもらう必要はなく、事業者が責任を持った上で国が指定する表記をしています。

機能性表示食品と栄養機能食品には、含まれている栄養成分が健康維持を目的としているか、不足しがちな栄養素の補給を目的としているかに違いがあります。

コンビニで買える機能性表示食品のドリンク

コンビニでも気軽に機能性表示食品が購入できます。そこでここからは、コンビニで買える機能性表示食品のうち、3大ブランドのおすすめドリンクをご紹介します。

7プレミアム強炭酸水プラス 490ml|セブンイレブン

セブンイレブンのおすすめドリンクは、「7プレミアム強炭酸水プラス 490ml」です。脂肪や糖質の吸収を抑える(イソマルトデキストリン)働きがあり、普段の水分補給や食事のお供に手軽に健康維持や促進が図れます。

天然水仕立てで強炭酸なため、炭酸が好きな方も満足しやすいでしょう。

NL のむヨーグルト 生乳たっぷり 180g|LAWSON

LAWSONのおすすめドリンクは「NL のむヨーグルト 生乳たっぷり 180g」です。生きて腸まで届くビフィズス菌BB-12入りで、お腹の調子を整える効果が期待できます。また、食物繊維(イヌリン)も配合されており、1本で1日分の食物繊維を摂取できます。

まろやかな味わいで、飲むヨーグルトが苦手な方も飲みやすいでしょう。

タンサンエクストラレモン 490ml|Family Mart

Family Martのおすすめドリンクは、「タンサンエクストラレモン 490ml」です。

ウィルキンソンとFamily Martの共同開発で発売された炭酸水のレモンフレーバーで、ウィルキンソンブランドの脂肪の吸収を抑える機能性表示食品です。ウィルキンソンならではの爽快な飲み味で、さまざまなシーンで活躍します。ウィルキンソンブランドですが、実はFamily Mart限定商品です。

 

コンビニで買えるおすすめの機能性表示食品

コンビニでは、上記以外にもさまざまな機能性表示食品が販売されています。そこで最後に、3大ブランドそれぞれのおすすめの機能性表示食品をご紹介します。

LIBERA 香ばしパフ&アーモンド|セブイレブン

セブンイレブンのおすすめは「リベラ 香ばしパフ&アーモンド」です。グリコが販売している、パフとアーモンドが入ったチョコレートで、お菓子感覚でありながら脂肪や糖質の吸収を抑える働きがあります。

チョコレート初の機能性表示食品で、チョコレートのおいしさはそのままに、健康維持及び促進が図れます。

カゴメトマトジュース|LAWSON

LAWSONのおすすめは「カゴメトマトジュース」です。機能性表示食品にこだわって商品を開発しているカゴメが販売しているトマトジュースで、善玉コレステロールを増やし、血圧を下げる効果が期待できます。トマトや野菜が苦手な方も飲みやすい味わいで、カロリーが気になる方は低糖タイプもあります。LAWSON以外でも販売されておりよく見かける商品です。

 

わたしのチカラ®Q10ヨーグルト|Family Mart

Family Martのおすすめは、「わたしのチカラ®Q10ヨーグルト」です。カネカ食品が販売しているヨーグルトで、ストレスの軽減や睡眠の質を向上する効果が期待できます。

ほのかな甘さで食べやすく、朝食やおやつなど気軽に食べられます。仕事や家事など、日々の疲れが溜まっている方におすすめです。

 

まとめ

健康維持や促進が期待できる機能性表示食品。いつでも気軽に買い物に行けるコンビニでも、機能性表示食品が多数販売しています。

バランスの良い食事を心がけながら、コンビニ食で気軽に健康を目指しましょう。