< Weekly コラム一覧へ
2023.09.06

血糖値は秋から冬にかけて上昇する?寒いと血糖値は上がるのかを解説

 

「血糖値は寒い季節に上がっている気がする。」「寒さと血糖値は関係があるのか?」などと感じている方へ、寒さと血糖値の上昇について解説します。

どのような状態のときに血糖値が上がるか、また血糖値が上がらないようにするための対策方法を知りましょう。

 

秋から冬にかけて血糖値が上昇する人が多い

秋から冬にかけて、血糖値が上昇する人が多いことは、事実です。その理由には、以下の2つが考えられます。これらに当てはまる方は、血糖値が上がりやすくなっていると考えましょう。

食事量が増える・乱れる

秋や冬は食事量が増える時期です。なぜなら、食欲の秋と呼ばれる時期でもあり、クリスマスや年末年始などイベントも多いためです。食事量が増えるだけでなく、アルコールの影響も大きく関係します。

日中の過ごし方は春・夏と同じであったとしても、ご飯の量や回数が増えることで、食事の摂取量が、消費量を上回るでしょう。

特に秋以降は、果物も美味しくなる季節です。食事やアルコールだけでなく、果物の食べ過ぎによって血糖値が上がる人も多くいます。

運動量が減る

秋や冬に血糖値が上がるもう一つの原因は、運動量が減ることです。春や夏に運動をしていた方も、秋冬と寒くなってくると運動量が減りやすくなります。

暑い時期はスポーツジムやマリンスポーツを楽しんで定期的に運動をしていた方も、寒くなってくると運動が億劫になるためです。

食べる量が増えて運動量が減ると、血糖値は上がりやすくなります。また、そのような方々は暖かくなってスポーツを再開しようとすると、怪我や不調が出る可能性もあり注意が必要です。

 

気温は直接はあまり関係がない

気温と血糖値は直接的にはあまり関係がありませんが、食事や運動などの生活習慣の関係で、冬になると血糖値が上がる人は増えます。

夏でも運動量の少ない人は血糖値が上がる

季節に関係なく、夏でも運動量が少ない人は血糖値が上がります。特に、暴飲暴食をしたり、運動量が少ない人は年中血糖値が上昇しやすくなります。

 

イベントや記念日などで食事量・アルコール摂取量が増えることもあるでしょう。しかし、連日そのような生活を続けるのではなく、摂取量と運動量のバランスが整った生活を送ることが大切です。

血糖値が上がりやすい人は、夏の間も数値をコントロールするよう気を付けましょう。

 

冬は高血糖の人が増える

気温が下がると高血糖の人が増えることも事実です。

秋や冬に運動量が減り、食事の摂取量は増える方が多いため、冬は高血糖の人が増えてしまいます。

 

血糖値を上げないための対策

季節に関係なく血糖値を上げないための対策方法を解説します。

日々の生活で気をつけられることも多くあるため、少しずつ取り入れましょう。

規則正しい生活を心がける

規則正しい生活は身体にとって、最も重要です。毎日同じ時間帯に起き、体や脳を起こしましょう。特に、秋・冬は朝方が寒く、日照時間も短いため、活動リズムが崩れやすいといわれています。また、日中は仕事や趣味の時間を過ごして、夜は体を休めます。

行事ごとがあるからといってダラダラと食べ続けたり、アルコールの摂取量が増えたりすることは、高血糖になるリスクです。

食べ過ぎ・飲み過ぎと感じた次の日に調整することがおすすめです。

食べる順番を気にする

食事中の食べる順番に配慮しましょう。

食事の最初に胃へ入れるものは、吸収率が高まります。そのため、サラダなどの食物繊維から胃に入れることで、消化吸収をゆっくりすることができます。

始めから糖質を食べると、吸収率が高く血糖値の急激な上昇につながりかねません。

 

① 食物繊維が豊富に含まれている料理

② タンパク質が豊富に含まれている料理

③ 炭水化物が豊富に含まれている料理

 

上記の順に食べることで、炭水化物の吸収をおだやかにし、血糖値の急激な上昇を抑えられるといわれています。

適度な運動

血糖値を抑えるには、適度な運動が欠かせません。寒い時期であったとしても、運動量がゼロにならないように心がけましょう。特に、夏の間に激しい運動やスポーツをしていた人が、秋・冬になって急に運動量を減らすと生活リズムも崩れてしまいかねません。

秋・冬でもできるスポーツや筋トレメニューを考えたり、外が寒くても自宅でできる筋トレやストレッチを習慣化することで、血の巡りを良くして運動量を保ちましょう。

 

まとめ

秋・冬は美味しい食べ物や人が集まって食事をする機会も多く、食事量が増えます。これまで通りの生活をしていたとしても、体型が変わった、血糖値が上がっていると感じる方も多くいます。

日頃の生活習慣を整えて、体に負担がかからないよう心がけ、健康な体を維持しましょう。

 

「血糖値は寒い季節に上がっている気がする。」「寒さと血糖値は関係があるのか?」などと感じている方へ、寒さと血糖値の上昇について解説します。

どのような状態のときに血糖値が上がるか、また血糖値が上がらないようにするための対策方法を知りましょう。

 

秋から冬にかけて血糖値が上昇する人が多い

秋から冬にかけて、血糖値が上昇する人が多いことは、事実です。その理由には、以下の2つが考えられます。これらに当てはまる方は、血糖値が上がりやすくなっていると考えましょう。

食事量が増える・乱れる

秋や冬は食事量が増える時期です。なぜなら、食欲の秋と呼ばれる時期でもあり、クリスマスや年末年始などイベントも多いためです。食事量が増えるだけでなく、アルコールの影響も大きく関係します。

日中の過ごし方は春・夏と同じであったとしても、ご飯の量や回数が増えることで、食事の摂取量が、消費量を上回るでしょう。

特に秋以降は、果物も美味しくなる季節です。食事やアルコールだけでなく、果物の食べ過ぎによって血糖値が上がる人も多くいます。

運動量が減る

秋や冬に血糖値が上がるもう一つの原因は、運動量が減ることです。春や夏に運動をしていた方も、秋冬と寒くなってくると運動量が減りやすくなります。

暑い時期はスポーツジムやマリンスポーツを楽しんで定期的に運動をしていた方も、寒くなってくると運動が億劫になるためです。

食べる量が増えて運動量が減ると、血糖値は上がりやすくなります。また、そのような方々は暖かくなってスポーツを再開しようとすると、怪我や不調が出る可能性もあり注意が必要です。

 

気温は直接はあまり関係がない

気温と血糖値は直接的にはあまり関係がありませんが、食事や運動などの生活習慣の関係で、冬になると血糖値が上がる人は増えます。

夏でも運動量の少ない人は血糖値が上がる

季節に関係なく、夏でも運動量が少ない人は血糖値が上がります。特に、暴飲暴食をしたり、運動量が少ない人は年中血糖値が上昇しやすくなります。

 

イベントや記念日などで食事量・アルコール摂取量が増えることもあるでしょう。しかし、連日そのような生活を続けるのではなく、摂取量と運動量のバランスが整った生活を送ることが大切です。

血糖値が上がりやすい人は、夏の間も数値をコントロールするよう気を付けましょう。

 

冬は高血糖の人が増える

気温が下がると高血糖の人が増えることも事実です。

秋や冬に運動量が減り、食事の摂取量は増える方が多いため、冬は高血糖の人が増えてしまいます。

 

血糖値を上げないための対策

季節に関係なく血糖値を上げないための対策方法を解説します。

日々の生活で気をつけられることも多くあるため、少しずつ取り入れましょう。

規則正しい生活を心がける

規則正しい生活は身体にとって、最も重要です。毎日同じ時間帯に起き、体や脳を起こしましょう。特に、秋・冬は朝方が寒く、日照時間も短いため、活動リズムが崩れやすいといわれています。また、日中は仕事や趣味の時間を過ごして、夜は体を休めます。

行事ごとがあるからといってダラダラと食べ続けたり、アルコールの摂取量が増えたりすることは、高血糖になるリスクです。

食べ過ぎ・飲み過ぎと感じた次の日に調整することがおすすめです。

食べる順番を気にする

食事中の食べる順番に配慮しましょう。

食事の最初に胃へ入れるものは、吸収率が高まります。そのため、サラダなどの食物繊維から胃に入れることで、消化吸収をゆっくりすることができます。

始めから糖質を食べると、吸収率が高く血糖値の急激な上昇につながりかねません。

 

① 食物繊維が豊富に含まれている料理

② タンパク質が豊富に含まれている料理

③ 炭水化物が豊富に含まれている料理

 

上記の順に食べることで、炭水化物の吸収をおだやかにし、血糖値の急激な上昇を抑えられるといわれています。

適度な運動

血糖値を抑えるには、適度な運動が欠かせません。寒い時期であったとしても、運動量がゼロにならないように心がけましょう。特に、夏の間に激しい運動やスポーツをしていた人が、秋・冬になって急に運動量を減らすと生活リズムも崩れてしまいかねません。

秋・冬でもできるスポーツや筋トレメニューを考えたり、外が寒くても自宅でできる筋トレやストレッチを習慣化することで、血の巡りを良くして運動量を保ちましょう。

 

まとめ

秋・冬は美味しい食べ物や人が集まって食事をする機会も多く、食事量が増えます。これまで通りの生活をしていたとしても、体型が変わった、血糖値が上がっていると感じる方も多くいます。

日頃の生活習慣を整えて、体に負担がかからないよう心がけ、健康な体を維持しましょう。