< Weekly コラム一覧へ
2023.10.16

秋のスポーツで血糖値対策を!秋のおすすめのスポーツを紹介

スポーツの秋と呼ばれるように、秋は運動に適した気候で、天気の良い日も多くなります。

過ごしやすい気候で行うスポーツには、格別な爽快感があります。

そして、運動による血糖値対策、運動療法を始める絶好のチャンスです。

 

秋におすすめのスポーツ

「スポーツの秋」と言われるようになったのは1964年の東京オリンピックが10月開催であり、のちに体育の日とされたからだそうです。

秋は季節、気候的にもスポーツに適しています。

秋におすすめできて、血糖値対策にもなるスポーツを紹介します。

ウォーキングやジョギング

ウォーキング、ジョギングは、真夏は熱中症や脱水症状のリスクがありますが、秋に入ると比較的涼しくなるので、運動を始める良いタイミングです。

これらの運動は有酸素運動であるため、血糖値対策、糖尿病対策にも最適です。

負荷を上げると心肺機能が鍛えられるため、代謝がよくなり持久力も向上します。

手軽に始められ、走る時間や強度も簡単に調整できる点も優れています。

スマートウォッチやアプリで距離や歩数、時間などを記録すると、継続のモチベーションにつながります。ウェアや履きやすい靴を揃えて早速始めてみませんか?

 

ヨガ

ヨガは、屋内でできるトレーニングです。

運動としての面もある一方で、体調を整えたり、姿勢をよくする効果もあります。

インナーマッスルを鍛える効果もあるため、基礎代謝の向上にもつながります。

他の運動と併用すると、ストレッチや筋肉疲労を軽減させるのに効果的です。

秋は食欲が増す季節でもあるので、ヨガでインナーマッスルを鍛えて基礎代謝を上げておきましょう。最近ではzoom等でオンラインでのレッスンも受けることができます。おためしレッスンを受けてみてはいかがでしょうか?

 

水泳

水泳は、強度の強い全身運動であり、スポーツの中でも非常に効率よく運動できるスポーツです。また水泳は高齢者になっても続けられる数少ないスポーツのうちの一つです。

一方、泳ぎがそんなにに得意でない人や足や関節に心配がある方には水中ウォーキングがおすすめです。体への負担が少なくおすすめです。

 

ゴルフ

ゴルフは激しい運動ではないため、気軽に継続しやすいスポーツです。

ラウンドに出るとウォーキングの効果があり、また素振りや打ちっ放しの練習ではインナーマッスルが鍛えられます。

秋はきれいな紅葉や過ごしやすい気候を楽しみながらプレーできる絶好の季節です。

趣味としても十分楽しめるゴルフですが、社会人としてはつき合いや接待などでプレーし、仕事にも活かせるスポーツです。

秋のスポーツで注意すること

秋になると、涼しく過ごしやすくなります。そのため、秋のスポーツはつい強度を上げがちです。しかし、体感以上にまだ気温が高い場合もあるため、無理をせず心地よいと思える範囲でスポーツを楽しみましょう。

クールダウンをしっかり行い、身体のケアも怠らないよう心掛けたいものです。

また、屋外のスポーツでは紫外線にも注意しましょう。真夏より幾分弱まっているものの、晴天の際は日焼けのリスクが高くなります。

登山やゴルフ等、遠方に行く際はつい脱水になりがちです。十分な水分摂取を心がけましょう。、また、急な腹痛や胸痛が起きた場合の対応も考えておいたほうが良いでしょう。電波の通じない場所を避ける事をおすすめします。

まとめ

秋におすすめのスポーツを紹介しました。秋は食欲の秋とも言われ、美味しい旬のものが多く、つい食べ過ぎてしまいがちです。

血糖値が気になる方は、運動に適した秋に自分に合ったスポーツを始めると、血糖値対策になります。

ぜひ秋スポーツで健康に身体を整え、血糖コントロールに役立ててください。

 

スポーツの秋と呼ばれるように、秋は運動に適した気候で、天気の良い日も多くなります。

過ごしやすい気候で行うスポーツには、格別な爽快感があります。

そして、運動による血糖値対策、運動療法を始める絶好のチャンスです。

 

秋におすすめのスポーツ

「スポーツの秋」と言われるようになったのは1964年の東京オリンピックが10月開催であり、のちに体育の日とされたからだそうです。

秋は季節、気候的にもスポーツに適しています。

秋におすすめできて、血糖値対策にもなるスポーツを紹介します。

ウォーキングやジョギング

ウォーキング、ジョギングは、真夏は熱中症や脱水症状のリスクがありますが、秋に入ると比較的涼しくなるので、運動を始める良いタイミングです。

これらの運動は有酸素運動であるため、血糖値対策、糖尿病対策にも最適です。

負荷を上げると心肺機能が鍛えられるため、代謝がよくなり持久力も向上します。

手軽に始められ、走る時間や強度も簡単に調整できる点も優れています。

スマートウォッチやアプリで距離や歩数、時間などを記録すると、継続のモチベーションにつながります。ウェアや履きやすい靴を揃えて早速始めてみませんか?

 

ヨガ

ヨガは、屋内でできるトレーニングです。

運動としての面もある一方で、体調を整えたり、姿勢をよくする効果もあります。

インナーマッスルを鍛える効果もあるため、基礎代謝の向上にもつながります。

他の運動と併用すると、ストレッチや筋肉疲労を軽減させるのに効果的です。

秋は食欲が増す季節でもあるので、ヨガでインナーマッスルを鍛えて基礎代謝を上げておきましょう。最近ではzoom等でオンラインでのレッスンも受けることができます。おためしレッスンを受けてみてはいかがでしょうか?

 

水泳

水泳は、強度の強い全身運動であり、スポーツの中でも非常に効率よく運動できるスポーツです。また水泳は高齢者になっても続けられる数少ないスポーツのうちの一つです。

一方、泳ぎがそんなにに得意でない人や足や関節に心配がある方には水中ウォーキングがおすすめです。体への負担が少なくおすすめです。

 

ゴルフ

ゴルフは激しい運動ではないため、気軽に継続しやすいスポーツです。

ラウンドに出るとウォーキングの効果があり、また素振りや打ちっ放しの練習ではインナーマッスルが鍛えられます。

秋はきれいな紅葉や過ごしやすい気候を楽しみながらプレーできる絶好の季節です。

趣味としても十分楽しめるゴルフですが、社会人としてはつき合いや接待などでプレーし、仕事にも活かせるスポーツです。

秋のスポーツで注意すること

秋になると、涼しく過ごしやすくなります。そのため、秋のスポーツはつい強度を上げがちです。しかし、体感以上にまだ気温が高い場合もあるため、無理をせず心地よいと思える範囲でスポーツを楽しみましょう。

クールダウンをしっかり行い、身体のケアも怠らないよう心掛けたいものです。

また、屋外のスポーツでは紫外線にも注意しましょう。真夏より幾分弱まっているものの、晴天の際は日焼けのリスクが高くなります。

登山やゴルフ等、遠方に行く際はつい脱水になりがちです。十分な水分摂取を心がけましょう。、また、急な腹痛や胸痛が起きた場合の対応も考えておいたほうが良いでしょう。電波の通じない場所を避ける事をおすすめします。

まとめ

秋におすすめのスポーツを紹介しました。秋は食欲の秋とも言われ、美味しい旬のものが多く、つい食べ過ぎてしまいがちです。

血糖値が気になる方は、運動に適した秋に自分に合ったスポーツを始めると、血糖値対策になります。

ぜひ秋スポーツで健康に身体を整え、血糖コントロールに役立ててください。