< Weekly コラム一覧へ
2023.12.11

【ちょい見せ】12月16日実施 オンラインセミナー『その食べ方危ないかも?~ジェットコースター血糖とは』

 

原因がはっきりしない不調に悩んでいる方は、一度「血糖値」に注目してみてください。12/16のオンラインセミナーでは、血糖値がジェットコースターのように乱高下する「ジェットコースター血糖」について専門家が詳しく解説します!ここでは、セミナーでお話しする内容を少しだけご紹介します!

 

 

お申込みはこちら

12/16 オンラインセミナー詳細

 

ジェットコースター血糖って何?

健康診断では発見しづらいと言われているジェットコースター血糖。血糖値を正しく上げて正しく下げることで、多くの不調が解消されるかもしれません。ジェットコースター血糖の恐ろしさやそれによって起こる不調について解説します。

ジェットコースター血糖とは?

急激な眠気が起こったり、イライラしたり、お腹いっぱい食べたはずなのに、甘い物をすぐに食べたくなってしまう…その原因はジェットコースター血糖のせいかもしれません。ジェットコースター血糖とは、血糖値が急激に上がったり、下がったりする状態の事ことを言います。ジェットコースター血糖が何度も繰り返されてしまうことで、やがて、肥満や糖尿病を招きやすくなったり、糖尿病の合併症も引き起こしやすくなることがわかっています。
一般的な健康診断では、空腹時の血糖値や過去1~2カ月の平均的な血糖値の状態を見る検査項目(HbA1C)を見ているため、ジェットコースター血糖は発見することが難しいと言われています。日頃からジェットコースター血糖を防ぐ食事を心がけることが大切です。

こんな症状がある場合は要注意

血糖値がジェットコースターのように乱高下を繰り返していると、このような症状が起こりやすくなります。

  • 家事や仕事をしたいのに集中力が低下してしまう(やる気がでない)
  • 食後に強い眠気が起こる
  • 食後に頭痛が起こる
  • お腹いっぱいに食べたはずなのに、お菓子やジュースが飲みたくなる
  • イライラしたり、ボ~とすることがある
  • 夜、ぐっすり寝られず、朝起きるのが辛かったり、寝ても疲れが取れない
  • 食べ過ぎていないのに太りやすい

今日からできる!ジェットコースター血糖を防ぐ食事法

ジェットコースター血糖を改善させるには食事の見直しは必須です。注意すべき食事のポイントを押さえて、できることからすぐに始めてみましょう。

「内容」と「食べ方」の両方からアプローチ

ジェットコースター血糖を防ぐためには、「食事の内容」と「食べ方」の両方からアプローチすることが出来ます。

食事の「内容」とは、主食・主菜・副菜を揃えてバランス良く食べることや、適量を食べること等が挙げられます。適量は活動量等により個々人で異なります。その時に参考になるのが、主治医から示されているエネルギー量(カロリー)になりますので、分からない方は主治医や担当の管理栄養士に聞いてみましょう。

 また「食べ方」は、「野菜から食べましょう」と提案されたことはありませんか?これはジェットコースター血糖を防ぐ食べ方の一つです。野菜に豊富に含まれている食物繊維を食事の最初に食べることで、糖の吸収が緩やかになり、食後の高血糖を予防することが出来ます。野菜だけでなく、食物繊維が豊富な海藻やきのこ、豆などを最初に食べるのもお勧めです。

詳しい食事のポイントはオンラインセミナーで

ジェットコースター血糖を防ぐ食べ方は、その他にもあります。みなさんはいくつご存じでしょうか。

詳しくは12/16のオンラインセミナーでお話しさせていただきます。

様々な対策を知ることで、ジェットコースター血糖を防ぎ、今まで原因がわからなかった不調も解消することができるかもしれません。

まとめ

セミナー当日は、ここには書いていない対策などもっと詳しい情報をお届けします。

ジェットコースター血糖について少しでも気になった方は、ぜひ本セミナーをご受講いただき血糖値コントロールに役立てていただければと思います。当日ご都合のつかない方は、アーカイブ配信(会員限定)もございます。

 

お申込みはこちら

12/16 オンラインセミナー詳細

 

 

原因がはっきりしない不調に悩んでいる方は、一度「血糖値」に注目してみてください。12/16のオンラインセミナーでは、血糖値がジェットコースターのように乱高下する「ジェットコースター血糖」について専門家が詳しく解説します!ここでは、セミナーでお話しする内容を少しだけご紹介します!

 

 

お申込みはこちら

12/16 オンラインセミナー詳細

 

ジェットコースター血糖って何?

健康診断では発見しづらいと言われているジェットコースター血糖。血糖値を正しく上げて正しく下げることで、多くの不調が解消されるかもしれません。ジェットコースター血糖の恐ろしさやそれによって起こる不調について解説します。

ジェットコースター血糖とは?

急激な眠気が起こったり、イライラしたり、お腹いっぱい食べたはずなのに、甘い物をすぐに食べたくなってしまう…その原因はジェットコースター血糖のせいかもしれません。ジェットコースター血糖とは、血糖値が急激に上がったり、下がったりする状態の事ことを言います。ジェットコースター血糖が何度も繰り返されてしまうことで、やがて、肥満や糖尿病を招きやすくなったり、糖尿病の合併症も引き起こしやすくなることがわかっています。
一般的な健康診断では、空腹時の血糖値や過去1~2カ月の平均的な血糖値の状態を見る検査項目(HbA1C)を見ているため、ジェットコースター血糖は発見することが難しいと言われています。日頃からジェットコースター血糖を防ぐ食事を心がけることが大切です。

こんな症状がある場合は要注意

血糖値がジェットコースターのように乱高下を繰り返していると、このような症状が起こりやすくなります。

  • 家事や仕事をしたいのに集中力が低下してしまう(やる気がでない)
  • 食後に強い眠気が起こる
  • 食後に頭痛が起こる
  • お腹いっぱいに食べたはずなのに、お菓子やジュースが飲みたくなる
  • イライラしたり、ボ~とすることがある
  • 夜、ぐっすり寝られず、朝起きるのが辛かったり、寝ても疲れが取れない
  • 食べ過ぎていないのに太りやすい

今日からできる!ジェットコースター血糖を防ぐ食事法

ジェットコースター血糖を改善させるには食事の見直しは必須です。注意すべき食事のポイントを押さえて、できることからすぐに始めてみましょう。

「内容」と「食べ方」の両方からアプローチ

ジェットコースター血糖を防ぐためには、「食事の内容」と「食べ方」の両方からアプローチすることが出来ます。

食事の「内容」とは、主食・主菜・副菜を揃えてバランス良く食べることや、適量を食べること等が挙げられます。適量は活動量等により個々人で異なります。その時に参考になるのが、主治医から示されているエネルギー量(カロリー)になりますので、分からない方は主治医や担当の管理栄養士に聞いてみましょう。

 また「食べ方」は、「野菜から食べましょう」と提案されたことはありませんか?これはジェットコースター血糖を防ぐ食べ方の一つです。野菜に豊富に含まれている食物繊維を食事の最初に食べることで、糖の吸収が緩やかになり、食後の高血糖を予防することが出来ます。野菜だけでなく、食物繊維が豊富な海藻やきのこ、豆などを最初に食べるのもお勧めです。

詳しい食事のポイントはオンラインセミナーで

ジェットコースター血糖を防ぐ食べ方は、その他にもあります。みなさんはいくつご存じでしょうか。

詳しくは12/16のオンラインセミナーでお話しさせていただきます。

様々な対策を知ることで、ジェットコースター血糖を防ぎ、今まで原因がわからなかった不調も解消することができるかもしれません。

まとめ

セミナー当日は、ここには書いていない対策などもっと詳しい情報をお届けします。

ジェットコースター血糖について少しでも気になった方は、ぜひ本セミナーをご受講いただき血糖値コントロールに役立てていただければと思います。当日ご都合のつかない方は、アーカイブ配信(会員限定)もございます。

 

お申込みはこちら

12/16 オンラインセミナー詳細