< Weekly コラム一覧へ
2023.06.19

ゴルフで健康に!実際の健康効果・運動効果・方法を解説

 

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、3密を避けられるという観点からアウトドアの趣味が人気を集めています。その中でもゴルフは人気が高く、コロナ禍をきっかけにゴルフを始めたという方も少なくありません。

ゴルフをすることは、実は健康に良い効果が多数あります。今回は、ゴルフの健康効果やゴルフをするために必要な運動方法3選をご紹介します。

ゴルフは、たくさん歩くスポーツ

ゴルフは、フルラウンドするだけでかなりの距離を歩くことができるスポーツです。では、実際にゴルフでどの程度歩けるのでしょうか。まずは、ゴルフのフルラウンドを周った際に歩く平均距離と、歩くことによる健康効果をご紹介します。

フルラウンド周ると、どのくらい歩くのか?

基本的にゴルフは18ホールを周ります。フルラウンド(18ホール)を周った場合、2万歩前後歩くとされています。日常生活では5,000〜7,000歩程度が平均であるため、2万歩という歩数がどれだけ多いかがわかります。

また、人間は1日8,000歩歩けば良いとされており、自然と2万歩前後歩けるゴルフは健康促進につながるとされています。

 

歩くことによる健康の効果とは?

歩くことで心身ともにストレス軽減効果があります。これは、歩くという運動が軽い有酸素運動と筋力運動の組み合わせだからです。また、ゴルフは広々とした空間でプレイするため、開放感があり精神的なストレスの緩和にもつながります。

さらに、ゴルフ場は芝生です。そのため、柔らかい足場を歩けるため、足腰への負担が少なく歩き慣れていない方でも疲れにくいでしょう。

 

ゴルフは、脳をフル回転させる|情況把握力と選択力

ゴルフは脳をフル回転させるスポーツでもあり、健康面だけではなく認知症予防やボケ防止効果もあります。ここからは、ゴルフで脳を使う理由と、脳をフル回転させることによる健康効果について解説します。

なぜ、脳を使うスポーツなのか?

ゴルフで脳を使う理由は、コース状況を把握して戦略を練りながらプレイしなければならないからです。

ゴルフは各ホールごとにコース状況が異なります。また、同じホールでもフェアウェイに乗ったか、バンカーに入ったか、グリーンまでの距離など、さまざまな状況において最適な方法を模索し、選択しなければなりません。そのため、自然と頭を使う機会が増え、認知症予防やボケ防止につながるのです。

脳トレのために、計算をしたり頭を使うことはなかなか気が進まない場合でも、ゴルフであれば楽しみながら自然と脳トレができます。

 

脳をフル回転させると健康にどのような影響があるのか?

脳をフル回転させることで、認知症予防につながります。

近年、日本では認知症患者が増えています。実際、内閣府が2019年に調査及び発表した「国民生活基礎調査」によると、要介護の原因で最も多い疾患は認知症でした。

認知症を予防することは自身の健康を維持することだけではなく、介護に関する家族の負担の軽減にもつながるのです。

 

また、認知症予防として「デュアルタスク運動」が効果的とされています。「デュアルタスク運動」は、ながら運動によって脳を活性化させる運動方法で、ゴルフでは歩きながら脳トレをできるため、デュアルタスク運動に該当します。

ゴルフをすることによる代表的な3つの運動効果とは?

ゴルフをすることで、主に以下の3つの運動効果があります。

 

・基礎体力作り

・体温の上昇及び体脂肪の燃焼

・お腹痩せ効果

 

それぞれの運動効果の詳細を解説します。

①下半身の筋肉をバランスよく鍛えられる|基礎体力作り

ゴルフは移動の際に足腰の筋肉を使うため、基礎体力作りとして下半身の筋肉をバランスよく鍛えられます。

下半身の筋肉をバランス良く鍛えられれば、自然と消費カロリーが増えます。また、循環が良くなるため細胞が活性化し、基礎体力の向上も期待できます。

 

②有酸素運動による燃焼効果がある|体温が上昇し体脂肪を燃焼

有酸素運動による体脂肪燃焼効果もあります。

ゴルフは、前述の通り移動時に自然とジョギングをする有酸素運動です。有酸素運動は、体内の脂肪や糖が酸素と共に筋肉を収縮するエネルギーを作り出してくれます。これにより、体温が上昇して体脂肪の燃焼が期待できます。

 

③スイングでひねる腰をもとに戻す筋力を鍛えられます|お腹痩せ効果

お腹痩せ効果もあります。なぜなら、スイング時に自然と上半身のくねりや伸びの運動を繰り返すからです。特に、スイングに欠かせない腹斜筋は、お腹のくびれに必要不可欠な筋肉です。お腹痩せと共に、くびれが欲しい方にもゴルフは嬉しい効果があります。

 

ゴルフをするために必要になる代表的な3つの運動方法

ゴルフをするためには以下の3つの運動方法が必要です。

 

・全身をバランス良く鍛える運動

・下半身の筋肉をバランス良く鍛える運動

・太腿やふくらはぎの筋力を強化する運動

 

それぞれの運動方法について詳しくご紹介します。

①全身をバランスよく鍛える方法

まずは、全身をバランス良く鍛える必要があります。全身をバランス良く鍛えるための運動としては、オーバーヘッドスクワットがおすすめです。

オーバーヘッドスクワットは、両手を上げて行うスクワットのことです。両手を上げてスクワットすることで、太腿やふくらはぎだけではなく全身をバランス良く鍛えられます。

②下半身の筋肉をバランスよく鍛える方法

下半身の筋肉をバランス良く鍛える運動方法は、「ランジ」がおすすめです。ランジは、下半身トレーニングの基本項目であり、大腿四頭筋、ハムストリング、臀筋群など下半身全体をバランス良く鍛えられます。

③太腿やふくらはぎの筋力を強化する方法

太腿やふくらはぎの筋力を強化する運動方法としては、スクワットがおすすめです。体重を落下させると効果がなくなるため、筋力を使って下半身を沈めることがポイントです。

まとめ

ゴルフは筋肉を鍛えられたり、脳トレになるなど健康面で良い効果が多数あります。ゴルフで、無理せず楽しみながら健康維持及び促進を図りましょう。

 

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、3密を避けられるという観点からアウトドアの趣味が人気を集めています。その中でもゴルフは人気が高く、コロナ禍をきっかけにゴルフを始めたという方も少なくありません。

ゴルフをすることは、実は健康に良い効果が多数あります。今回は、ゴルフの健康効果やゴルフをするために必要な運動方法3選をご紹介します。

ゴルフは、たくさん歩くスポーツ

ゴルフは、フルラウンドするだけでかなりの距離を歩くことができるスポーツです。では、実際にゴルフでどの程度歩けるのでしょうか。まずは、ゴルフのフルラウンドを周った際に歩く平均距離と、歩くことによる健康効果をご紹介します。

フルラウンド周ると、どのくらい歩くのか?

基本的にゴルフは18ホールを周ります。フルラウンド(18ホール)を周った場合、2万歩前後歩くとされています。日常生活では5,000〜7,000歩程度が平均であるため、2万歩という歩数がどれだけ多いかがわかります。

また、人間は1日8,000歩歩けば良いとされており、自然と2万歩前後歩けるゴルフは健康促進につながるとされています。

 

歩くことによる健康の効果とは?

歩くことで心身ともにストレス軽減効果があります。これは、歩くという運動が軽い有酸素運動と筋力運動の組み合わせだからです。また、ゴルフは広々とした空間でプレイするため、開放感があり精神的なストレスの緩和にもつながります。

さらに、ゴルフ場は芝生です。そのため、柔らかい足場を歩けるため、足腰への負担が少なく歩き慣れていない方でも疲れにくいでしょう。

 

ゴルフは、脳をフル回転させる|情況把握力と選択力

ゴルフは脳をフル回転させるスポーツでもあり、健康面だけではなく認知症予防やボケ防止効果もあります。ここからは、ゴルフで脳を使う理由と、脳をフル回転させることによる健康効果について解説します。

なぜ、脳を使うスポーツなのか?

ゴルフで脳を使う理由は、コース状況を把握して戦略を練りながらプレイしなければならないからです。

ゴルフは各ホールごとにコース状況が異なります。また、同じホールでもフェアウェイに乗ったか、バンカーに入ったか、グリーンまでの距離など、さまざまな状況において最適な方法を模索し、選択しなければなりません。そのため、自然と頭を使う機会が増え、認知症予防やボケ防止につながるのです。

脳トレのために、計算をしたり頭を使うことはなかなか気が進まない場合でも、ゴルフであれば楽しみながら自然と脳トレができます。

 

脳をフル回転させると健康にどのような影響があるのか?

脳をフル回転させることで、認知症予防につながります。

近年、日本では認知症患者が増えています。実際、内閣府が2019年に調査及び発表した「国民生活基礎調査」によると、要介護の原因で最も多い疾患は認知症でした。

認知症を予防することは自身の健康を維持することだけではなく、介護に関する家族の負担の軽減にもつながるのです。

 

また、認知症予防として「デュアルタスク運動」が効果的とされています。「デュアルタスク運動」は、ながら運動によって脳を活性化させる運動方法で、ゴルフでは歩きながら脳トレをできるため、デュアルタスク運動に該当します。

ゴルフをすることによる代表的な3つの運動効果とは?

ゴルフをすることで、主に以下の3つの運動効果があります。

 

・基礎体力作り

・体温の上昇及び体脂肪の燃焼

・お腹痩せ効果

 

それぞれの運動効果の詳細を解説します。

①下半身の筋肉をバランスよく鍛えられる|基礎体力作り

ゴルフは移動の際に足腰の筋肉を使うため、基礎体力作りとして下半身の筋肉をバランスよく鍛えられます。

下半身の筋肉をバランス良く鍛えられれば、自然と消費カロリーが増えます。また、循環が良くなるため細胞が活性化し、基礎体力の向上も期待できます。

 

②有酸素運動による燃焼効果がある|体温が上昇し体脂肪を燃焼

有酸素運動による体脂肪燃焼効果もあります。

ゴルフは、前述の通り移動時に自然とジョギングをする有酸素運動です。有酸素運動は、体内の脂肪や糖が酸素と共に筋肉を収縮するエネルギーを作り出してくれます。これにより、体温が上昇して体脂肪の燃焼が期待できます。

 

③スイングでひねる腰をもとに戻す筋力を鍛えられます|お腹痩せ効果

お腹痩せ効果もあります。なぜなら、スイング時に自然と上半身のくねりや伸びの運動を繰り返すからです。特に、スイングに欠かせない腹斜筋は、お腹のくびれに必要不可欠な筋肉です。お腹痩せと共に、くびれが欲しい方にもゴルフは嬉しい効果があります。

 

ゴルフをするために必要になる代表的な3つの運動方法

ゴルフをするためには以下の3つの運動方法が必要です。

 

・全身をバランス良く鍛える運動

・下半身の筋肉をバランス良く鍛える運動

・太腿やふくらはぎの筋力を強化する運動

 

それぞれの運動方法について詳しくご紹介します。

①全身をバランスよく鍛える方法

まずは、全身をバランス良く鍛える必要があります。全身をバランス良く鍛えるための運動としては、オーバーヘッドスクワットがおすすめです。

オーバーヘッドスクワットは、両手を上げて行うスクワットのことです。両手を上げてスクワットすることで、太腿やふくらはぎだけではなく全身をバランス良く鍛えられます。

②下半身の筋肉をバランスよく鍛える方法

下半身の筋肉をバランス良く鍛える運動方法は、「ランジ」がおすすめです。ランジは、下半身トレーニングの基本項目であり、大腿四頭筋、ハムストリング、臀筋群など下半身全体をバランス良く鍛えられます。

③太腿やふくらはぎの筋力を強化する方法

太腿やふくらはぎの筋力を強化する運動方法としては、スクワットがおすすめです。体重を落下させると効果がなくなるため、筋力を使って下半身を沈めることがポイントです。

まとめ

ゴルフは筋肉を鍛えられたり、脳トレになるなど健康面で良い効果が多数あります。ゴルフで、無理せず楽しみながら健康維持及び促進を図りましょう。