< Weekly コラム一覧へ
2022.12.19

【2023年最新】健康管理におすすめのユニーク家電を紹介

バランスの良い食生活や適度な運動、ストレス発散など、病気にならないためには普段からの健康管理が重要です。健康管理の方法は自己管理だけではなく、ヘルスケア家電の活用も有効です。

そこで今回は、2023年の健康管理におすすめのユニーク家電をご紹介します。

 

健康管理の方法は自己管理以外にも

食事や運動、睡眠など、日頃から健康管理をすることが大切です。しかし、健康管理の方法は自己管理以外にも家電を活用する方法もあります。

 

前提として、健康管理には自己管理が必要不可欠です。とはいえ、運動や食事などで自己管理をしても、仕事や家事が忙しく思うように自己管理できないことが現状という方も多いでしょう。

そこで活躍するのが、健康管理の手助けをしてくれるヘルスケア家電です。自己管理はもちろん、ヘルスケア家電を活用し、これまで以上に健康管理を徹底しましょう。

 

ヘルスケア家電にはさまざまなものがある

前述の通り、自己管理での健康管理が難しい場合、ヘルスケア家電の活用が有効です。しかし、いざヘルスケア家電を購入しようと売り場やネットショップを見てみると、種類が多く何を選べば良いかわからないという方も少なくありません。

 

実際、ヘルスケア家電にはさまざまな機能があり、最近ではスマートフォンと連動可能なものも増えました。そこでここからは、どのようなヘルスケア家電があるのかを下記でご紹介します。

健康管理の目的などから、最適なヘルスケア家電を見つけましょう。

 

体調管理に必須の体重計

体調管理の必需品は体重計です。なぜなら、体重計で計測できるデータは体重だけではなく、商品によっては体脂肪率や脂肪量、筋肉量なども計測可能だからです。また、複数人の年齢や身長を登録でき、体重の推移や標準値との比較などもできる商品も多いため、欲しい機能を搭載した商品を選ぶようにしましょう。

 

今回は、数ある体重計の中からタニタの「体組成計」をご紹介します。

 

タニタ 体組成計

 

出典:タニタ公式サイト

 

タニタの体組成計は、体重・体脂肪率・内臓脂肪・筋肉量・体内年齢・基礎代謝量・推定骨量・BMIを表示でき、表示項目は自由に選択できます。そのため、必要な情報のみを速やかに知ることができ、手軽にわかりやすく体調管理が可能です。また、測定の継続状況に合わせて表情が変わるマイサポ機能も搭載しており、体調管理のモチベーション維持ができる点もおすすめする理由です。

 

活動量計で消費カロリーを計算

活動量計とは、身につけるだけで心拍数や消費カロリーを測定できるヘルスケア家電のことです。

 

特に、運動時に活用できるヘルスケア家電で、コンパクトで軽量なものが多いという特徴があります。運動で健康管理をしている方や、ダイエットのために運動している方に特におすすめです。 

 

そんな活動量計は、オムロンの活動量計がおすすめです。ここからは、オムロンの活動量計の概要をご紹介します。

 

オムロン 活動量計

 出典:オムロン公式サイトより

 

オムロンの活動量計「カロリスキャン HJA-405T-BK」は、歩数・早歩き歩数・歩行距離・脂肪燃焼量などがわかる活動量計です。ポケットに入るコンパクトサイズで、運動時にポケットに入れておけば活動量を自動で測定してくれます。

 

スマホとの連動機能も搭載されており、歩数や歩行距離などのデータをスマホで簡単に管理できる点もおすすめのポイントです。

 

用途に応じたマッサージ家電

体のこりや疲れをほぐしたい場合は、マッサージ家電の活用もおすすめです。現在、マッサージ家電は多種多様な製品が販売されているため、使用したい部位に合わせた商品を選ぶようにしましょう。

 

今回は、数あるマッサージ家電の中から、アテックスの「ルルド プレミアムマッサージクッション」をご紹介します。

 

アテックス ルルド プレミアムマッサージクッション

 

出典:ルルド(アテックス)様 公式サイトより

 

アテックスが販売している「ルルド プレミアムマッサージクッション」は、3Dもみを搭載したマッサージクッションです。首と肩、腰とお尻、太腿とふくらはぎなど、クッションの位置を変えることで全身をマッサージできます。さらに、ヒーターが内蔵されており、スイッチを入れることで人の手の温もりを感じられ、あたかもマッサージを受けている気分になれます。

 

毎日の変化を確認できる血圧計

血圧は高すぎても低すぎても体に悪影響を及ぼします。そのため、日頃から血圧計で血圧を測り、普段の血圧を把握しておくことが大切です。

 

血圧計も多種多様な製品がありますが、最近ではアプリとの連携で血圧をグラフ化できるものも販売されています。グラフ化して血圧の変化を可視化することで健康管理ができるため、アプリとの連携機能が搭載された血圧計がおすすめです。

 

今回は、オムロンが販売している手首式血圧計をご紹介します。

 

オムロン 手首式血圧計

出典:オムロン公式オンラインショップより

 

オムロンの手首式血圧計は、手首に巻き付けてスイッチを押すだけで、簡単に血圧が測れる血圧計です。手首が細い、または太い方でも測定できるソフトな装着感で、毎日無理なクッション血圧を測定できます。

 

身につけられるウェアラブル端末

ウェアラブル端末とは、身につけて使用するコンピュータ端末のことで、スマートウォッチやスマートグラスなどのことです。特にApple Watchのようなスマートウォッチの人気が高く、普段から身につけている方も増えてきています。

 

ウェアラブル端末も、製品によってさまざまな機能が搭載されています。その中でもおすすめの製品はGalaxyのFit2です。

 

Galaxy Fit2

出典:Galaxy公式サイトより

 

 GalaxyのFit2は、フルカラーディスプレイで必要な情報を瞬時に表示できるスマートウォッチです。運動時間、心拍数、消費カロリーなどを測定でき、運動時に活用できます。また、5気圧防水を備えているため、水泳や日常生活で手を洗う際などにも利用でき、日常生活で違和感なく使用可能です。

 

 HCR-6900T-MHeartGuide

 

現在ではオムロンからもウェアラブル端末が発売されています。最新モデルとしてHCR-6900T-MHeartGuideが発売中です。

 

まとめ

バランスの取れた食事や十分な睡眠、適度な運動など、基本的な健康管理は重要です。しかし、多忙だと、頭では分かっていてもなかなか健康的な生活を送れないという場合もあるでしょう。そんな時にはヘルスケア家電を使い、日常的に健康管理をしましょう。

 

バランスの良い食生活や適度な運動、ストレス発散など、病気にならないためには普段からの健康管理が重要です。健康管理の方法は自己管理だけではなく、ヘルスケア家電の活用も有効です。

そこで今回は、2023年の健康管理におすすめのユニーク家電をご紹介します。

 

健康管理の方法は自己管理以外にも

食事や運動、睡眠など、日頃から健康管理をすることが大切です。しかし、健康管理の方法は自己管理以外にも家電を活用する方法もあります。

 

前提として、健康管理には自己管理が必要不可欠です。とはいえ、運動や食事などで自己管理をしても、仕事や家事が忙しく思うように自己管理できないことが現状という方も多いでしょう。

そこで活躍するのが、健康管理の手助けをしてくれるヘルスケア家電です。自己管理はもちろん、ヘルスケア家電を活用し、これまで以上に健康管理を徹底しましょう。

 

ヘルスケア家電にはさまざまなものがある

前述の通り、自己管理での健康管理が難しい場合、ヘルスケア家電の活用が有効です。しかし、いざヘルスケア家電を購入しようと売り場やネットショップを見てみると、種類が多く何を選べば良いかわからないという方も少なくありません。

 

実際、ヘルスケア家電にはさまざまな機能があり、最近ではスマートフォンと連動可能なものも増えました。そこでここからは、どのようなヘルスケア家電があるのかを下記でご紹介します。

健康管理の目的などから、最適なヘルスケア家電を見つけましょう。

 

体調管理に必須の体重計

体調管理の必需品は体重計です。なぜなら、体重計で計測できるデータは体重だけではなく、商品によっては体脂肪率や脂肪量、筋肉量なども計測可能だからです。また、複数人の年齢や身長を登録でき、体重の推移や標準値との比較などもできる商品も多いため、欲しい機能を搭載した商品を選ぶようにしましょう。

 

今回は、数ある体重計の中からタニタの「体組成計」をご紹介します。

 

タニタ 体組成計

 

出典:タニタ公式サイト

 

タニタの体組成計は、体重・体脂肪率・内臓脂肪・筋肉量・体内年齢・基礎代謝量・推定骨量・BMIを表示でき、表示項目は自由に選択できます。そのため、必要な情報のみを速やかに知ることができ、手軽にわかりやすく体調管理が可能です。また、測定の継続状況に合わせて表情が変わるマイサポ機能も搭載しており、体調管理のモチベーション維持ができる点もおすすめする理由です。

 

活動量計で消費カロリーを計算

活動量計とは、身につけるだけで心拍数や消費カロリーを測定できるヘルスケア家電のことです。

 

特に、運動時に活用できるヘルスケア家電で、コンパクトで軽量なものが多いという特徴があります。運動で健康管理をしている方や、ダイエットのために運動している方に特におすすめです。 

 

そんな活動量計は、オムロンの活動量計がおすすめです。ここからは、オムロンの活動量計の概要をご紹介します。

 

オムロン 活動量計

 出典:オムロン公式サイトより

 

オムロンの活動量計「カロリスキャン HJA-405T-BK」は、歩数・早歩き歩数・歩行距離・脂肪燃焼量などがわかる活動量計です。ポケットに入るコンパクトサイズで、運動時にポケットに入れておけば活動量を自動で測定してくれます。

 

スマホとの連動機能も搭載されており、歩数や歩行距離などのデータをスマホで簡単に管理できる点もおすすめのポイントです。

 

用途に応じたマッサージ家電

体のこりや疲れをほぐしたい場合は、マッサージ家電の活用もおすすめです。現在、マッサージ家電は多種多様な製品が販売されているため、使用したい部位に合わせた商品を選ぶようにしましょう。

 

今回は、数あるマッサージ家電の中から、アテックスの「ルルド プレミアムマッサージクッション」をご紹介します。

 

アテックス ルルド プレミアムマッサージクッション

 

出典:ルルド(アテックス)様 公式サイトより

 

アテックスが販売している「ルルド プレミアムマッサージクッション」は、3Dもみを搭載したマッサージクッションです。首と肩、腰とお尻、太腿とふくらはぎなど、クッションの位置を変えることで全身をマッサージできます。さらに、ヒーターが内蔵されており、スイッチを入れることで人の手の温もりを感じられ、あたかもマッサージを受けている気分になれます。

 

毎日の変化を確認できる血圧計

血圧は高すぎても低すぎても体に悪影響を及ぼします。そのため、日頃から血圧計で血圧を測り、普段の血圧を把握しておくことが大切です。

 

血圧計も多種多様な製品がありますが、最近ではアプリとの連携で血圧をグラフ化できるものも販売されています。グラフ化して血圧の変化を可視化することで健康管理ができるため、アプリとの連携機能が搭載された血圧計がおすすめです。

 

今回は、オムロンが販売している手首式血圧計をご紹介します。

 

オムロン 手首式血圧計

出典:オムロン公式オンラインショップより

 

オムロンの手首式血圧計は、手首に巻き付けてスイッチを押すだけで、簡単に血圧が測れる血圧計です。手首が細い、または太い方でも測定できるソフトな装着感で、毎日無理なクッション血圧を測定できます。

 

身につけられるウェアラブル端末

ウェアラブル端末とは、身につけて使用するコンピュータ端末のことで、スマートウォッチやスマートグラスなどのことです。特にApple Watchのようなスマートウォッチの人気が高く、普段から身につけている方も増えてきています。

 

ウェアラブル端末も、製品によってさまざまな機能が搭載されています。その中でもおすすめの製品はGalaxyのFit2です。

 

Galaxy Fit2

出典:Galaxy公式サイトより

 

 GalaxyのFit2は、フルカラーディスプレイで必要な情報を瞬時に表示できるスマートウォッチです。運動時間、心拍数、消費カロリーなどを測定でき、運動時に活用できます。また、5気圧防水を備えているため、水泳や日常生活で手を洗う際などにも利用でき、日常生活で違和感なく使用可能です。

 

 HCR-6900T-MHeartGuide

 

現在ではオムロンからもウェアラブル端末が発売されています。最新モデルとしてHCR-6900T-MHeartGuideが発売中です。

 

まとめ

バランスの取れた食事や十分な睡眠、適度な運動など、基本的な健康管理は重要です。しかし、多忙だと、頭では分かっていてもなかなか健康的な生活を送れないという場合もあるでしょう。そんな時にはヘルスケア家電を使い、日常的に健康管理をしましょう。